バレリーナやバレエダンサーの登竜門といわれる「ユース・アメリカ・グランプリ」という毎年ニューヨークで行われる大きな世界大会で、日本人の増田慈君が最優秀賞を獲得したといううれしいニュースが入ってきました。

増田慈君は去年も同コンクールで優勝(学年別のコンクールなので、一つ下のクラスですが)するなど輝かしい成績を収められています。

バレエ界の羽生結弦ともいわれている増田慈君に今回は注目してみました!

増田慈君のプロフィール

増田慈君は2003年生まれで現在13歳です( ゚Д゚)

、、、若い、というより幼いですね^^;

こんなに若いうちから世界大会で最優秀賞なんてすごすぎてありえない!と思いましたが、考えてみればフィギュアスケートの浅田真央ちゃんとかも同じぐらいの年齢から頭角を現していましたよね^^;

将来世界で活躍できるような才能のある子はこのぐらいの年齢から凡人とは違うんですねTT

出身は京都で、現在も京都在住なんだとか。

お母さまとお兄さまもバレエもやられていて、お二人とも数々のコンクールで成績を残されているということで、バレエ一家みたいです。

6歳からバレエを始められているので、バレエダンサーとしては遅めのスタートですが、それでこの成績ですからすさまじいですよね。(バレリーナの場合は2~3歳ぐらいから始められている子が多いと思います。)

これまでに

・第15回オールジャパンバレエユニオン
 児童1部
 エスメラルダよりVa.   第1位

・第6回全国クリエバレエコンクール
JA2部門
アルレキナーダよりVa.  第1位
・YAGP2015ニューヨークファイナル
PC部門
アルレキナーダよりVa.  第1位
スカラーシップ
アメリカンバレエシアター
カナダナショナルバレエスクール
・Japan Ballet Conpetition福岡2015
モダンダンス
中1以上・高3部門
Havanola  第1位
モダンダンス中1以上・高3男女部門 技術賞
樫野隆幸審査員特別賞
(第三回全国三重バレエコンペティション 決選シード出場権・予選参加費免除)
セルゲイ・サボチェンコ審査員特別賞
針山愛美審査員特別賞
(ポール・ジュリウス ワークショップ参加権)
ベルリン国立バレエ学校短期留学参加権
USAインターナショナルワークショップ参加権
・YAGP2016日本予選
クラシックジュニア男子部門
ソロルのVa.  第1位
・Japan Ballet Competition Final
クラシックバレエ小4~中2男性の部
ソロルのVa.  第1位

など数々のコンクールで1位を受賞されています。

スポンサードリンク

増田慈君が通う中学は?

現在増田慈君は13歳、中学二年生なのですが、中学校は京都御池中学校という地元の学校に通われているみたいです。

バレエはメジャースポーツと違って私立の中学校で部活という形で支援してもらえることもありませんし、公立の中学校で部活動をせずに放課後スクールに通うという形がいいのかもしれませんね。

また、あまり知られていないことですが、例えば海外遠征などで学校を休む場合は公立の中学校の方が柔軟に対応してくれる、という一面もあります。(意外ですよねwでも公立の学校は私立と違って拒否権がないのですw逆に私立の中学校は、学校の方針に従えないのであれば公立中学校に転校してくださいって普通に言いますからねw)

次のページでは増田慈君の中学卒業後の進路予想や、増田慈君が現在通われているバレエスクールの情報を載せています。

ページ: 1 2

男性アーティスト

今年50周年を迎えるご長寿番組、笑点の現司会者、桂歌丸師匠が司会者引退を発表されました!

一時期休養するなど健康面でも不安があり今回の発表に至ったとか。当サイトでは後釜に収まる人を大予想しちゃいます!!

ズバリ!!三遊亭圓楽(円楽)師匠ではないでしょうか!?!?

・・・・というわけで今回は笑点の歴史や桂歌丸師匠の功績、三遊亭円楽師匠が司会になりそうな理由などを挙げていきたいと思います。

どんどん追記していきますのでお見逃しなく!

スポンサードリンク

桂歌丸師匠のプロフィール

桂歌丸師匠は1936年8月14日うまれで現在79歳です。

生家が妓楼だったため古典芸能は幼いころから身近にあったそうで、小学生のころから落語家になるという夢を持って、小学校でも落語を披露していたとか。中学校3年生の時に正式に入門、落語家の道を歩まれました。

21歳の時、お見合い話を断って幼馴染である奥様とご結婚、以前笑点で座布団10枚の商品として「美女とのクルージング」が当たった時には奥様とご一緒にクルーズされるなど愛妻家としても知られています。

もともと持病で肺があまり強くない他、近年では帯状疱疹や腸閉塞などで休養されることもありました。

笑点では第一回からの生え抜きメンバーということですが、健康面の不安もあるために「笑点、若い方々にお譲りしたい」とのコメントを発表されています。

ちなみに趣味は釣り、化石とライターのジッポーのコレクターでもあるそうです。

三遊亭円楽師匠のプロフィール・経歴

管理人が笑点新司会者では!?!?と考えるのは三遊亭円楽師匠です。

とりあえず、三遊亭円楽師匠もプロフィールなどを見ていきたいと思います。

現在三遊亭円楽を名乗っているのは「6代目円楽」で、笑点に出始めたころは「三遊亭楽太郎」を名乗っておられました。

1950年2月8日生まれでお年は66歳です。

管理人、子供のころおばあちゃんの家で笑点をみて、三平さんと楽太郎さんが好きだったのを思い出しましたよw

当時楽太郎さんと歌丸さんは同じぐらいのおじさんに見えたのですが、実際は歌丸師匠のほうが一回りも年上だったんですね。

、、、、笑点好きっていま思うと渋い小学生ですね^^;

 

三遊亭円楽師匠は実はかなりの高学歴としてもしられていて、なんと青山学院大学の法学部を卒業されています。

青学の法学部って言ったら結構な高学歴ですよね!?!?大学時代は落研に所属されていたということで、在学中に鞄持に志願、卒業後に入門されています。

次のページでは管理人が新司会者が円楽師匠だと思う理由などを書いていきたいと思います。

ページ: 1 2

男性タレント

歌手の華原朋美さんが、炎の体育会TVで馬術競技に挑戦されることがわかりました~!馬術=馬に乗るというイメージはあっても、競馬とは違うの?みたいな認識が一般的ですよね。

なので今回は華原朋美さんと馬術について詳しく調べてみました!!

そもそも馬術って何?

馬術、という字で馬に乗ることはわかっても、具体的にどのような競技なのか知っている人は少ないのではないでしょうか。

一口に馬術にもさまざまな競技があるのですが、有名なのは障害飛越(障害馬術)といって決められた順番に沿って障害を飛び越えるものでしょうか。今回華原朋美さんが挑戦するのもこの障害飛越(障害馬術)です。

最近では人気漫画家の荒川弘さん(代表作:鋼の錬金術師)がこの障害飛越馬術に関する漫画を描くなど人気も高まってきています。(銀の匙。農業高校がテーマの漫画ですが、主人公およびヒロインが馬術部のため、競技のこともよく出てきます。おすすめですw)

スポンサードリンク

競技のルールは?

障害飛越は、さまざまな高さの障害(バー)を飛びます。

基本的には減点方式です。

ざ~っくりと説明しますと、競技者には持ち点と規定タイムというものがあります。

 

障害を飛び越えていくのですが、例えば・・・

@馬がすぐに飛ばなかったり、障害を飛ばずに避けてしまった

@障害を飛び越えたがバーに触れてしまった

@障害を飛び越えたときに引っかかって障害を壊してしまった

@規定タイムをオーバーしてしまった

などがあると、持ち点からどんどん減点されてしまいます。

 

逆に言うと、馬がスムーズに障害を飛び、規定タイム内にゴールすればパーフェクト、ということになります。

パーフェクトが複数いた場合や同点の選手がいた場合は、早くゴールしたほうが順位が上になります。

 

また、

@障害を飛ぶ順番や方向を間違えてしまった

@馬から落ちてしまった

などは失権(失格)となります。

華原朋美さんの乗馬歴は?

華原朋美さんが実はお嬢様であるというのは割合有名な話ですが、実は3歳から乗馬をされているそうです。

びっくりですよね~・・・・!

3歳って!!

もちろん最初はポニーなどの小さな馬からだとは思いますが、それでもすごいです。ブランクももちろんあるのでしょうが、それにしたって30年以上のスキルがあるといっていいと思います。

華原朋美さんはインスタなどでも馬とのツーショットをアップされるなど馬好きとしても知られています。

ちなみに、「高い障害を越えた後はお尻が痛くてがに股になるからスカートがはけない」そうですよ。

実は管理人も乗馬経験が数回あるのですが、、おしり、かなり痛くなります。

馬が軽く走っただけで、鞍にお尻がガンガン当たるのですが、鞍は当然ながら硬いので、何百回と尻もちをつくのと同じような状態になってしまうんですね。

管理人は速足・駆け足までしかしたことがないのですが、ジャンプなんかされた日にはお尻への衝撃はすごいものだと思います。

もちろん直接おしりへ衝撃がいかないように太ももを使ってお尻を浮かせるのですが、、、

当然太ももがプルプルして、降りた後はがに股コースですw

次のページでは華原朋美さんの乗馬の実力や指導されているコーチなどをご紹介したいと思います。華原朋美さんが馬に乗っている動画もありますよ~

ページ: 1 2

女性アーティスト