子役の(といっていいのかわからないほど大人びた子ですが)芦田愛菜ちゃんがコレカツ嵐で嵐のメンバーと早泣きで対決です。果たしてどちらが勝つのでしょうか?今回は子役の早泣き技や最近も芦田愛菜ちゃんに迫りました。

早泣き技ってなに?コツはあるの?

子役の子の技の一つに”早泣き”というものがあるのをご存知でしょうか?子役は女優さんや俳優さんと比べると圧倒的に”泣き”の演技が多いのですが、この泣きの演技では本物の涙を流さなければいけないようなのです。

大人の俳優さんや女優さんでも目薬などを使う方も多い中で、本物の涙を流さなければいけない子役はすごいなぁ。。と思うのですが、子役の世界では、泣けて当然、いかに早く泣けるか、というのが売りの一つになるようなんです。

例えば子役出身のはるかぜちゃんこと春名風花ちゃんは10秒で泣ける、という圧倒的な早泣き技が注目されました。

また、泣き方にもいくつか種類があるようで、

■役に入り込んで泣く

■悲しいことを考えて泣く

■泣くときの体の状態を再現して泣く

などがあるようです。子役って深いですね・・・。

スポンサードリンク

役に入り込んで泣く、というのは実際の映画やドラマの撮影時に大人の俳優さんや女優さんがつかう技でもあり、王道かつ自然な泣きの演技ができますが、カットが多い撮影の場合なかなか気持ちを込めるのが難しかったりするそうです。

泣くときの体の状態を再現して泣く、というのははるかぜちゃんの技でもあるのですが、「顔をしかめる」「鼻の奥がつーんとする」などの泣いているときの状態を思い出して再現することで泣く技のようです。早く泣ける半面気持ちがこもらない、ということもあるようですね。

ちなみに管理人は眠れないときに、「目をつぶって」「呼吸を深くし」「夢の内容を考える」ということをすると早く眠りにつくことができますが、これの泣きバージョンという感じでしょうか?

悲しいことを考えて泣く、というのが子役の一般的な泣き方のようです。これはある程度早く泣けるうえにある程度の気持ちもこもる、という万能な泣き方です。

ちなみにこの技を出すときほとんどの子役の子は頭の中で親が亡くなることを考えるんだそうですよ。

、、、、、子役が擦れるのも仕方ないのかもしれませんねw

次のページでは最近の芦田愛菜ちゃんについていろいろ調べています!