女性アーティストの記事一覧

ダウンロード (51)

THEカラオケ★バトルにジャズシンガー代表として出演された宮本美季(みやもとみき)さん、あまりお名前を聞いたことがない方だったので、調べてみました!

宮本美季さんのプロフィール・経歴

宮本美季さんは1983年10月17日生まれで現在32歳です。

4歳からピアノを、16歳で声楽をはじめられたそうで、2001年には高崎で開かれた第七回国際高校生芸術コンクールで入賞という成績も収められています。(※国際コンクールと銘打ってはいますが、声楽畑にいる管理人も聞いたことがないコンクールで、検索してもヒットがなかったのであまり大きいコンクールではないようです。)

高校は吉祥女子高等学校の音楽科だそうですが、16歳で声楽をはじめられたということですから、おそらくピアノ科での入学→副科で声楽と出会った、という感じでしょう。

高校を卒業された後はボストンにあるバークリー音楽大学へ留学、2005年に卒業されています。

このバークリー音楽大学はアメリカの音大でも有名な学校で、「クラシックのジュリアード・ジャズのバークリー」などいわれる通りジャズが盛んな学校でもあります。

バークリーには超ハイレベルな”音楽大学課程”と通常コースといってもいい”修了課程”があるのですが、どちらを出られたのかは確認できませんでした。

いずれにしても、ポピュラー音楽を学ぶ学校としては最高峰の一つです。

スポンサードリンク

元宝塚なの?

実は宮本美季さん、元タカラジェンヌのリリカさんや紫吹淳さんとかなり親しいようなんですね。

なので、え?もしかして宝塚出身?と思ったのですが、そんなことはなかったようです^^;

宮本美季さんは今回は”ジャズシンガー”という肩書で出演ですが、実際はシンガーソングライターとしてポップスを中心に歌っていらっしゃるようですし、ミュージカル役者の一面も持っておられます。

宝塚もミュージカルですから、もしかしたらそちらの関係でのお知り合いなのかもしれません。

とくにリリカさんとは仲良しのようですね。

リリカさんといえばカラオケバトルでも常連で優勝候補のお一人ですが、今回はどうだったのでしょうか?

次のページでは宮本美季さんの実力の分析や楽曲の動画をご紹介していますよ~

ページ: 1 2

女性アーティスト

元シンクロナイズドスイミング選手でアテネ五輪ではグループで銀メダルもとった北尾佳奈子さんが”世界の日本人妻はみた!一発逆転!夢をかなえた妻SP”に出演されていましたね。管理人、シンクロは結構好きなのでアテネの時も中継見ていましたよ~。今回は北尾佳奈子さんの経歴やwiki風プロフィールなどを書いていきますね。

北尾佳奈子さんのwiki風プロフィール・経歴

北尾佳奈子(きたお かなこ、1982年2月6日 – )

京都府向日市出身

平安女学院高等学校、立命館大学経営学部卒業。

9歳からシンクロナイズドスイミングの道へ。

14才でジュニアナショナルチーム、
20歳でナショナルAチーム。

2003年、バルセロナ世界水泳(チーム2位)、
2004年、アテネオリンピック(チーム2位)、
2005年、モントリオール世界水泳(チーム2位)。

柔軟性をいかしたソロやリフトトップが得意。

2005年、日本のナショナル選手引退。
2006年、アメリカのクラブチームでシンクロナイズドスイミングを経験。

Cirque du soleil本社(モントリオール)でアーティストになるための
トレーニングを経てラスベガスの”O”ショーのパフォーマ-

スポンサードリンク

一言

と、いうことで北尾佳奈子さんの簡単な経歴とプロフィールでした☆

シンクロナイズドスイミングで、オリンピックで銀メダルを取った実力のあるかたなので、普通に考えて引退しても講師としての道が開けていますよね。

もちろんナショナルチームの監督、となると個人成績のない北尾佳奈子さんでは難しい面もあるのかもしれませんが、コーチや、ナショナルチーム以外の監督なら普通に可能性はあると思います。

また、引退も割と電撃で、まだ23歳だったので、選手生命もまだまだあったと思うんですよね。

そんななかシルクドゥソレイユのパフォーマーへの華麗なる転身ということで、すごく勇気のいる行動だったのではないかと思います。

シルクドゥソレイユは元オリンピック選手は非常に多いのだそうです。個人競技で金メダルを取った方も普通にいるような状況で、シルクドゥソレイユにとっては輝かしい経歴の人材、というわけでもないので、非常に努力されたんではないでしょうか。

次のページでは現在の北尾佳奈子さんの動画やシルクドゥソレイユ”O”についてみていきます。

シルクドゥソレイユ”O”とは?

”O”とは日本でもおなじみのシルクドゥソレイユが、ラスベガスにあるホテル内の専用劇場で常設講演しているアクロバットショーです。

日本でいえば、例えば劇団四季の専用劇場に行けばいつでもライオンキングが見れる、という感覚です。

”O”はフランス語の”eau”(オー・水)というところからきており、水をテーマにしたパフォーマンスのようです。

こちらがその動画になります!

スポンサードリンク

まとめ

いかがですか?シルクドゥソレイユらしい、非常に素晴らしいパフォーマンスですよね。

管理人もシルクドゥソレイユはキダムなど、いくつかの講演を見ていますが”O”はまだ見たことがないので、いつかぜひ見てみたいですね。

このような素晴らしいショーに日本人が出演しているというのはとても喜ばしいことだと思います。

もちろん日本にも劇団四季や二期会、宝塚など素晴らしいパフォーマンスをする劇団はありますが、やはりシルクドゥソレイユは世界一といっても過言ではないですよね。

今回この記事を書くためにいろいろな動画もみたのですが、、、

動画をみたらやはり生で見たくなってしまいましたよ!!

ここで、さぁ行こう!とならないのが貧乏人の悲しいところですが・・・

日本では以前はディズニーランドの近くにシルクドゥソレイユの常設展示があり、そこに行けばいつでも見ることができたのですが、現在はなくなってしまっています。

ですが、たまにツアーで来るので、次の機会にはぜひ見てみたいとおもいます!

女性アスリート, 女性アーティスト

images (8)

元AKB48の松井咲子さんが金曜プレミアムでピアノの腕を披露されていましたね。実は現役の音大生でもある松井咲子さん。ピアノの腕はどうなのでしょうか?いろいろ調べてみました!

松井咲子さんのプロフィール

松井咲子さんは1990年12月10日生まれの25才です。

埼玉県のご出身で埼玉県蕨市立中央東小学校、蕨市立第一中学校を経て東京音楽大学付属高等学校卒業、東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽先行ピアノ科に在学中です。

AKB時代に大学を休学されていたこともあり、25歳ですがまだ現役の学部生ですね。

そんな彼女のピアノの腕はどうなのか!?というのが気になりますね。

実は管理人も音楽大学卒業なのでwその観点からいろいろ見ていきたいと思いますね!

音大にもレベルがある!

一般の方のイメージでは音大に入ればみんなすごい、とか、音楽大学に入っている人はみんなピアノが弾ける、とかがあると思いますが、実は違います。

音楽大学の中でも専攻(自分の専門)というのはいろいろ分かれており、音大生=ピアノが弾ける、というわけではないんですね。

もちろんピアノは音楽にとってとても重要なので、ほとんどの学生が「副科」としてピアノを学びます。しかし、例えば管楽器の専門の子などは、中高で吹奏楽をやっていた経験から音楽大学を目指したためピアノの経験ゼロ、音大受験を考えてから初めてピアノを習いました、なんて子も珍しくありません。

さらに音大によっても「得意分野」というのがあり、例えば日本の音大の最高峰は東京芸大なので、東京芸大であればどの学部でもかなりレベルが高いといえますが、ほかの音大の場合、学部によっては意外とすごくない、ということもあります。

スポンサードリンク

松井咲子さんが在学している東京音大はどうなの?

さて、ここで気になるの松井咲子さんが在学中の東京音大だと思います。

東京音大は音大生の中では「東音(とうおん)」と呼ばれており、東京にある私立大学の一つです。

東音はどちらかというと器楽(楽器関係)とピアノに強い音大だといえると思います。逆に言うと声楽などはいまいち、、、ということですね。

もちろんいまいちとは言ってもすごい人はすごいですし、東京の私立で日本の中でもトップレベルの大学ですから、地方の小さい音大などとは比べようもありません。

ふつうの大学でいうと、

東京芸大→東大

東京音大→march、学部によっては早慶

という感じですかね。

東京音大は先に書いたように割合ピアノがうまい学校ですし、付属からの持ち上がりなので、松井咲子さんもピアノの腕はそこそことみることができます。

ただ、東京音大はピアノ科の中にさらに演奏家を目指すコースがあります。こちらのレベルは大変に高いのですが、人数制限などもあり狭き門でもあります。

松井咲子さんはこちらのコースには入っていないので、”東京音大の中でもトップレベル”というわけではありません。

東京音大のピアノ科卒、ということであれば、

”頑張ればプロを目指せるが、演奏家一本で食べていくにはちょっと厳しい可能性も。演奏活動と並行してピアノを教える仕事をしていくぶんには十分食べていける”

ぐらいのレベルです。

次のページでは実際に動画などをみながら松井咲子さんのピアノの腕を解説していきます。

ページ: 1 2

女性アーティスト