男性タレントの記事一覧

ダウンロード (1)

一時期あまりTVで見かけなくなったメンタリストDaiGOさんですが、最近またTV出演もされているようですね。おしゃれイズムや王様のブランチなどいろいろな番組に出演されています。そんなDaiGOさん、実は意外な性格をされているようです。今回はそんなメンタリストDaiGoさんの性格や年収にせまってみました。

 

DaiGoさんの年収は!?

やはり年収は気になってしまいますよね。あまりTVに出ていないということは、干されているということ。じゃあ儲かってないでしょ、と思いがちですが…。

 

「TVに出ないのはTVにでる必要がないほど儲かっているから!?」という話があります。

 

実は、メンタリストDaiGOさんは干されているわけではなく、ご自分からTV出演を断っていらっしゃるようなんです。

なぜかというと、”本業に差し障るから”。

 

つまり、タレント活動はあくまでも副業のようなんですね。副業で一般的に年収が高いといわれるタレントをされているということは、本業ではさらに儲かっているはずですよね。

 

実際にDaiGoさんが出版されている書籍は合計80万部をすでに突破しています。

さらに雑誌の取材やセミナーでの講演、トークショーもされているようです。

 

書籍の印税は10%ほど、とも言われていますが、一冊1000円で計算したとしても、

1000円×10%×80万=8千万円

となります。

 

書籍の印税は収入のごく一部でしょうから、年収は少なく見積もっても数千万はあるようです。

TVに出て有名になりたい、という願望がないのであれば確かに無理をしてTVに出る必要はなさそうですね。

メンタリストDaiGoの彼女は北川景子という噂がある

メンタリストDaiGoさんは「ウィッシュ」でおなじみのDAIGOさんと混同され、北川景子さんと付き合ってると誤解されることが多いようです。

 

確かにメンタリストDaiGoさんは高学歴イケメンなので、北川景子さんと付き合っていても違和感はありませんよね。実際は北川景子さんはメンタリストではないDAIGOさんと結婚秒読みです。

 

また、悲しいことにメンタリストDaiGoさんは今は彼女はいないとのこと。

 

女性目線で考えてみると、イケメン高学歴高収入とはいえなんでも見透かされてしまったり、隠し事がばれてしまいそうなメンタリストDaiGOさんとの交際は少々敷居が高いのかもしれません。

 

管理人は、、、嫌ですね。はい。すみません。

でも女は男を掌の上で転がしてなんぼだと思っているので・・・。

 

あ、でもサプライズで記念日の度にほしいものをドンピシャでくれたら素敵ですねw

男性は結構女性へのプレゼント選びが苦手だったり、女性からするとちょっと微妙なプレゼントを贈りがちですが、DaiGoさんならそんなことはないかもしれません!

 

「キャー!なんで私がほしいものが分かったの??」

「フフッそれは僕がメンタリストだからさ♪」

 

・・・・・・やっぱり寒いですかね?

 

 

実は明るくなく、病みやすい性格らしい

そんなDaiGoさん、テレ朝系バラエティ番組「しくじり先生」に出演されたときに、ご自分の性格についてお話しされていました。

 

メンタリストという肩書なので、他人のメンタルに触れたり分析することが多かったDaigoさんは次第に自分自身も病んでしまったそう。

 

知名度が上がるごとに「失敗できない」というプレッシャーに押しつぶされて、打ち合わせに行かなかったり、マネージャーに八つ当たりしたりリハーサルをすっぽかしたりしてしまったようです。

 

「メンタリストなのにメンタルがボロボロだった」とおっしゃっていましたが、2度引退宣言をし、翌日に撤回するなど、確かに病んでいる様子も見受けられました。

 

病んでるとはいえちょっとそれはどうなの?という感じの行動ですが、管理人自身も割とそのタイプなので何も言えません( 一一)

 

今はTV出演を抑えることで本来の自分を取り戻し、元気に活躍されているようです。

 

まとめ

さわやかイケメンなDaiGoさんが実は病みやすい性格をされていたとはとても意外でした。

しかし、「身近にうつ病患者がいる人はうつ病になりやすい」「精神系の医者は病みやすい」とも言われていますし、実際にメンタリストとして様々なメンタルに触れているDaiGoさんの一種の職業病のようなものかもしれませんね。

 

また、そのように他人のメンタルに共感できるDaiGoさんだからこそ、メンタリストとして素晴らしい活躍ができるのかもしれません。

 

最近はかなりメンタルも落ち着いてきているようですので、ますます今後の活躍から目が離せませんね。

男性タレント

ダウンロード

日曜ビッグバラエティで久しぶりに戦場カメラマン渡部陽一さんを見かけました。最近あまりTVには出演されていないようですが、現在は何をされているのでしょうか?また、あの独特のしゃべり方には実は大きな意味があったんです!渡部陽一さんの現在に迫りました。

渡部陽一さんの経歴

渡部陽一(1972/9/1~ )さんは、日本の戦場カメラマンであり、フォトジャーナリストです。またタレント活動のほか初代富士市観光親善大使にも任命されています。
身長180cm、体重65kg、靴のサイズ26.5cm。血液型はA型。

静岡県富士市出身で、中学時代は生徒会長もされていました。
弁護士など困っている人のために働きたいと思い法学部に進学するも、在学中にうけた授業のなかでアフリカの狩猟民族に興味を持ち、単身アフリカに乗り込みました。
ピグミー族というアフリカの少数民族に出会うのが目的の旅行でしたが、運悪くルワンダの紛争にかち合い、少年兵に狙撃されてしまいます。カメラを含めた私物をすべて差し出すことでなんとか命乞いに成功した渡部さんですが、皮肉にもこのことが渡部陽一さんの人生を決めました。
というのも、日本に帰ってきてから被害や少年兵が実在したということを周囲に訴えるもまったく信じてもらえなかったのです。
たしかに日本という国はあまりにも平和なので小学生や中学生が実際に戦闘員として戦争に参加しているといわれても実感はわきませんよね。
渡部陽一さんはこの現実を伝えるために戦場カメラマンを志し、なんと大学1年生のときから戦場へ赴いて取材をされ、現在までに130の国と地域の紛争地域を取材されているそうです。

現在も戦場へ行っているの?年収は?

実は現在はあまり戦場への直接取材はされていないようです。

 

ではなにをされているかというと、小中高の各学校や企業に赴いて、実際に渡部陽一さんの目で見た戦争の事実や実体験を伝える活動をされています。

 

130もの紛争地域をジャーナリストとして取材された渡部陽一さんだからこそできるお話しを聞くことは、非常に価値のある体験ですので日本全国から申し込みがあり大変忙しくされているようです。大変忙しくされているようなので、実はかなりの高年収なのかもしれません。

 

ではなぜ実際に戦場を訪れる機会が減っているのでしょうか?実は2010年6月9日に第一子となる男の子が誕生されています。

 

戦場カメラマンはいつ命を失ってもおかしくない大変危険なお仕事です。また、万が一誘拐されたときなどは莫大な身代金を要求されたりと家族に大きな迷惑をかける可能性があります。

 

渡部陽一さんは以前TVで「一番は家族、二番は仕事」とおっしゃるなど大変家族思いですので、息子さんのためにも危険なお仕事から一歩下がり、未来ある若者たちにご自分の体験を伝える活動をされているようです。

あのしゃべり方には深い訳があった

渡部陽一さんの代名詞ともいえるのがゆ~っくりすぎる独特なしゃべり方ですよね。しかし、目撃情報などによると実際はふつうに話すこともできるそうです。

 

ではなぜあんなにもゆっくり話されるのでしょうか?

 

もちろん、TV的キャラクター付けという一面もあるとは思いますが、戦場では「ゆっくり話す」事がプラスになることがあるそうです。

 

戦場カメラマンとして紛争地域など危険な場所に赴き実際に戦闘員や難民の方に取材をしている渡部陽一さん。

 

確かに、見知らぬ人に話しかけられたとき、べらべらと早口だったら警戒してしまいますよね。警戒されたら最後命が危なくなるかもしれません。

 

なので渡部陽一さんはなるべくゆっくり話すことで話し方から「私はあなたに敵意がありませんよ」とアピールされているようです。

 

ただし最近はふつうにお話しされる機会も多いとか。たしかに講演であのゆ~っくりな話方をされたら眠くなってしまいますよね。TPOを考えて話し方を自在に変えられる渡部陽一さんは実はすごい人なのかもしれません。

 

まとめ

久しぶりにTVで拝見しましたが、なかなかTVに出ないのにはこんな理由があったんですね。また、家族思いな一面など「ある意味キャラクター通り」のお人柄を知ることができました。

 

これからも渡部陽一さんを応援していきたいと思います。

男性タレント