女性その他の記事一覧

ダウンロード

カンブリア宮殿に米良はるかさんという女性が出演されていました。失礼ながら管理人は存じ上げなかったのですが、日本最大のクラウドファンディング「READYFOR(レディーフォー)」の経営者なんだとか。”4年で13万人から18億円を調達した28歳の女性経営者”というキャッチコピーはかなり気になったので、いろいろと調べてみました!

そもそもクラウドファンディングとは?

管理人はそもそもクラウドファンディングという言葉からサービスがイメージできませんでしたよ^^;不勉強ですね。

なのでまずはクラウドファンディングについて調べてみました。

クラウドファンディングとは

不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。

ということらしいです。

平たく言うと、ネット上でお金が必要な人と、お金を出資してもいいと思っている人をマッチングさせるサービスということでしょうか。

通常の企業であれば、株式を売うることでお金を得ることができますが、株式は金額によっては買うことができなかったりしますよね。また、株式を売ることのできない個人などでも、お金が必要という場合もあります。例えばまだ売れていないアーティストなどはスポンサーが必要ですよね。

クラウドファンディングではこういった”お金がほしい人”と”出資したいが大金は出せない”という人をマッチングし、少額の資金を何人もから集めることで、大金を得ることができるというサービスのようです。

クラウドファンディングは大きく分けて三種類に分類することができるようで、

■金銭的リターンのない、寄付型(アーティストへの支援など)

■金銭リターンがある投資型(お金を貸すから儲かったらお金を還元してね)

■権利や物品を買う購入型(あなたのところの商品を買うことで支援するね)

があるみたいです。

 

投資型でも千円など、本当に少額から投資ができるみたいなので、ちょっと管理人も気になってきました。

スポンサードリンク

「READYFOR(レディーフォー)」で実施しているサービス

「READYFOR(レディーフォー)」では購入型のサービスが基本のようです。

購入者はホームページの中から自分が出資してもいいな、というサービスを選択して出資します。

その後プロジェクトが成功するとなんらかの物品などが送られてくるようです。

購入型といっても、必ずしも物品というわけでもなく、映画のための資金を集めて、映画ができたらタダで見ることができる権利、のような場合もあるみたいですね。

ざざっと見たところ

■離島医療のために飛行機を購入しました(3600万円)

■図書館を無くした子供たちのために本を届けました(380万円)

などがあるみたいですね。

また、動物への支援や、親を亡くした子供たちへの支援、戦争で障害を負った人への支援、お店の新規オープン資金や復興の資金など、さまざまなプロジェクトが現在進行形で進んでいました。

かなり大金が集まっているものもありましたが、どのような目的でお金を集めているかなどが非常に明確に書いてありますし、何円出資した場合どのようなリターンがある、なども明記されています。

安心して利用できるサービスといった感じです。

次のページでは経営者である米良はるかさんのプロフィールや経歴をまとめました

ページ: 1 2

女性その他

ダウンロード (26)

最近女子フィギュアスケートで頭角を現してきた本田真凜(ほんだまりん)ちゃん。子役の本田望結ちゃんの姉としても知られています。今回は本田真凜がいままでどのような教育を受けてきたのか、をピックアップしたいと思います。

本田真凜ちゃんのプロフィール

ダウンロード (26)

本田真凜ちゃんは2001年8月21日生まれの14歳、京都府京都市出身です。

5人兄弟の真ん中で、兄の本田太一さん、妹の本田望結ちゃん、本田紗来ちゃんもフィギュアの選手です。

 

本田真凜ちゃん自身がフィギュアを始めたのは2歳の時だそうですが、すでにお兄さんがフィギュアをされていたため自然な流れだったかもしれません。

憧れの選手は荒川静香さんだそう。

 

2012年の全日本ノービス選手権(ノービスB)で当時の歴代最高得点をマークして優勝されています。

ちなみにノービスとは「初心者」という意味で、フィギュアではジュニアの一つ下のランクになります。ノービスBは小学3~4年生が対象のランクです。つまり、4年生のときに全国の同い年のフィギュア選手のなかで一位をとったということですね。

また、翌年にはノービスクラスの国際大会で初めて優勝もされています。

 

翌シーズンから日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手に選ばれ、ノービスより上の全日本ジュニア選手権でもFS二位、総合五位と優秀な成績を残されています。

 

2014-15年シーズンでは各大会で表彰台に上がり、全日本ジュニア選手権では総合4位。

今シーズン(2015-16年シーズン)初めてジュニアグランプリシリーズ(ジュニアの国際大会で一番権威があるもの)に参戦し、初戦2位、次戦は優勝と素晴らしい成績を残され、ジュニアグランプリファイナルにも初出場されました。

 

本田真凜ちゃんの教育法とは?

どのように育てたら本田真凜ちゃんのような優秀な子になるのかな、とおもって調べたところ、「七田式」という右脳開発の教室に通われていたそうなんです。

右脳開発は「天才児を育てる」ことができるといわれており、独自の教材などをつかって赤ちゃんの時期から右脳に訴えていく教育法です。

 

右脳というのは、イメージをつかさどっており、イメージを絵として思い浮かべられるようになるんだとか。

身近な例でいえば、例えばそろばんをやっている方は非常に暗算が早くなりますが、これは数字で計算しているわけではなく、頭の中でそろばんを思い描いて、そのそろばんで計算しているから早いといわれています。

また、東大生など学力の高い人のほとんどは教科書の文を覚えるとき、写真で撮ったように画像として覚えることができるんだとか。

これらはすべて右脳の働きです。

 

右脳開発というのは、このような「画像で覚える」「脳の中でイメージを作り出す」ということを幼少期から訓練していくことで「天才」といわれる人を作っていきましょうという流れです。

 

幼少期からの早期教育というと、あまり勉強させるのは抵抗が、と思われる方もいると思いますが、実際はフラッシュカードを使ったり、絵本を読んだりと、勉強色は全くなく、子供の「遊び」が中心になっているとか。

 

なので、勉強しているつもりは全くなく、遊んでいるつもりで楽しく教室に通われる子が多いそうですよ。右脳開発のいいところは、両親からの遺伝などは関係なく、だれでも天才になれる可能性があるところだそうです。

 

本田真凜ちゃんは「七田チャイルドアカデミー」という教室に通われていたようですが、

自宅で七田式を実践できる通信講座もあるようです。

通信講座ですと、お母さまとお子さんが一緒に取り組む形になるので、自然とお母さまとお子さんのスキンシップや遊びの時間が増えるとか。

 

また、本田真凜ちゃんのお母さまはフィギュアだけではなく、体操など真凜ちゃんがやりたいといったことは何でもチャレンジさせていたようです。

体操の経験もフィギュアに生きているんですね。

 

女性その他

ダウンロード (16)

Mr.Childrenの名曲、「抱きしめたい」をパクったとして話題の作詞家、沢久美さんについて調べてみました。これは・・・アウト~でしょうね。

 

沢久美さんの経歴と現在の会社は?

沢久美さんは1945年3月24日生まれの70歳、本名は青木良子さんとおっしゃるようです。

もともと歌手として活動されていたようで、22歳の時「行っちゃ行っちゃイヤよ」で歌手デビューされて以来「カスバの女」「恋をしちゃった」など数曲を発売するもあまり売れなかったようです。

歌手活動を始めて数年で、目立った活動は辞め、作詞家に転向されたようです。

 

現在は作詞家のほか、「塩沢企画」という会社で代表をされているようです。

塩沢企画は2013年に20周年を迎えたようで、記念に京王プラザホテルで花岡優平ディナーショーをしているようなので、そこそこ業績はいいようです。

 

また、「沢久美 歌の発表会」なるものをされているようなので、ご本人としては歌手としても現役のようですね。

 

 

パクられた曲とパクった曲の比較

今回パクったと話題の曲の歌詞と、パクられたミスチルの曲を比較してみました。

こちらがミスチルの、「抱きしめたい」

 

こちらが沢久美さんの作詞された「ぬくもり」です。

これは・・・あうと~ですよね。
もう全てが似すぎです。
ちなみに、このぬくもりを歌われていたのは歌手の平浩二さんです。

まとめ

沢久美さんは、当初「歳だからミスチルを知らない」など弁解されていたようですが、現在は正式に謝罪があったようですね。

 

沢久美さんがやったことで、歌われていた歌手の平浩二さんは被害者という向きもあるようですが、個人的には、天下のミスチルですから、知っててもおかしくはないのかな、と思います。

 

100歩譲って、平浩二さん自身はしらなかったとしても、一つの楽曲を世に発表するためにはさまざまな人の目に触れますよね?だから、まったく知らなかった、すべての責任は沢久美さんにある、というのはちょっと違うのではないかな、と思いますね。

 

話題性になるし、責任は全部沢久美さんに押し付けて・・・というのはちょっとうがった見方でしょうかね?

今後の動きから目が離せませんね。

 

 

女性その他