男性その他の記事一覧

ふなっしーがネプリーグに参戦!!ということで、、、今回はふなっしーの中の人の学歴などに迫ってみましたw

最近ふなっしーも落ち目とはいえ、国内知名度ではもはやどらえもんやピカチュウ、トトロと肩を並べる存在ですからね。これを仕掛けた中の人も高学歴なのでは!?!?と思ったところビンゴでした!

ふなっしーの中の人は?

まず、ふなっしーはもともと一個人が勝手に始めたゆるキャラです。

自分のお店のPRのために始めた、といって過言ではないのですが・・・。

この”ふなっしー”というキャラクターはしっかり商標登録されていて、個人名が出ています。

なので、この商標登録を行った人物が中の人であると考えられます。(数々の状況証拠もあり)

なので、

中の人=商標登録を行った”北見健二さん”という前提で今回の記事を進めたいと思います。

スポンサードリンク

ふなっしーは賢いの?

今までふなっしーの学歴などに焦点があてられることはあまりありませんでしたが・・・(あたりまえ

ふなっしーは実はすごいのでは!?!?と一部で話題になっています。

ふなっしーの売り出し方、経済的な面もそうなのですが、

  • 中国語を操り、台湾でのイベントを一人でこなした
  • (しゃべれるかどうかは公開されていないが)英語のヒアリングは完璧で字幕のミスを指摘できる

などどうも語学が堪能なようなんですね。

日本語と梨語を含めると実に4か国語以上を操っていることになりますw

ま、冗談はさておき、台湾のイベントを一人でこなすというのはなかなかすごいのではないかと思います。

スピーチなどとは違ってアドリブや臨機応変さも求められると思いますので・・・。

ちなみに管理人は語学はダメダメです。

読むだけならドイツ語イタリア語フランス語いけますが(声楽やってたらごく普通のスキル)、意味はほとんどわかりません。

あ、盛りました。

全く分かりません。

英語は壊滅的です。

え??管理人のことはどうでもいい?申し訳ありません・・・。でも、語学が堪能な人ってうらやましいと思いませんか?管理人もフランス語を勉強したいとは思っているのですが、、、

ま、思ってるだけです。

英語もwebで格安レッスンが流行らしいんで、一応ブックマークだけはしておきました。

その後一度も見てませんが。

、、、次のページではまじめにふなっしーの中の人、北見健二さんの学歴をご紹介しています~

ページ: 1 2

男性その他

せりしゅんや、という方がテレビ東京の”ヨソで言わんとい亭〜ココだけの話が聞ける(秘)料亭”に出演されるみたいですね~。管理人、せりしゅんやさんの事をあまり知らなかったのでいろいろ調べてみました♪

せりしゅんやさんのプロフィール

せりしゅんやさんは1981年生まれで現在34歳です。

せり、というのはかなり珍しい苗字だな~と思って、”瀬利”などを想像していたのですが、どうやら”善理俊哉”でせりしゅんや、と読むようです。

埼玉県のご出身で最終学歴は中央大学理工学部だそうです。(卒業、という情報が入りませんでしたので、おそらく卒業されているとは思いますが、中退の可能性もあり)

ちなみに・・・中央大学理工学部の偏差値は58なので、、かなり頭はいいみたいです。

中央大学理工学部在学中から、ライターとして主に”アマチュアボクシングを中心とする格闘技全般””旅関係”の執筆をはじめられたそうです。

大学生にありがちな、長期休みでマイナーな外国いってやったぜ~的なノリだったのかもしれませんが、それを実際にライターとしてプロレベルで執筆・そのまま職業にしてしまうなんてなかなかできることではありませんよね。

スポンサードリンク

 

ボクサーなの?

そんなせりしゅんやさん、色々文献などを見ていたら、せりしゅんやさんは”ボクサー”だ、とおっしゃっていた人がいました。

え?ノンフィクションライターじゃないの?とおもって調べてみたところ、アマチュアボクサーもされているようですが、”ボクシング選手”といえるほどの活動は現在はされていないようです。

あくまでも”ノンフィクションライター”であり、”格闘トラベラー”なんですね。

ちなみに格闘トラベラーとは格闘技を求めて旅をする人、といったニュアンスで、世界各国の格闘技を訪ねて行って、実際に体験してみて、それを記事にする、というのがメインのお仕事のようです。

たびたび外国を訪れるような仕事の人って憧れるような、憧れないような不思議な気持ちになります^^;

楽しそうだけど、家庭とかを考えると・・・。w管理人意外と保守派ですねww

あ、でも一年に数回旅行で外国いけたらいいですよね~。どなたか管理人に航空券プレゼントしてくれませんか?w

次のページではせりしゅんやさんと”ボイラー室”の切っても切れない関係をご紹介します。

ページ: 1 2

男性その他

遠藤諭(えんどうさとし)さんという方がマツコの知らない世界に”耳栓専門家””耳栓マニア”として出演されるんですが、実はこの方ある界隈でとても有名人なんです!マツコさんの番組で”ある界隈”というと真っ先にオネエが浮かびますが・・・wちがいます。

この方、”アスキー”という雑誌の編集として有名な方なんですよね。ま、確かに雑誌の編集さんって修羅場続きで、夜も家に帰れず耳栓して机で寝てるイメージはありますが。

というわけで今回は遠藤諭(えんどうさとし)さんについて書いていきます!おすすめ耳栓も必見です~

スポンサードリンク

遠藤諭(えんどうさとし)さんのプロフィール

遠藤諭さんは、1956年生まれで現在59歳です。新潟県長岡市の生まれだそうです。

管理人、新潟というと米?ぐらいのイメージしかなかったのですが、長岡市は花火と天然ガスで有名だそうですよ。

そういえば長岡の花火大会って聞いたことありますね!長岡って新潟だったんですね(ぇ

そんな遠藤諭さん、今回は耳栓マニアとして出演ではあるのですが、実はサブカル業界で非常に有名なかたなんですね。

なんと、、、、

”おたく”

という言葉を生み出した方なんです!!(なのに耳栓おたくじゃないのね、と思わず突っ込んでしまいましたがw)

またアスキーという雑誌・WEBサイトの編集や編集長をされていました。このアスキーはPC雑誌の先駆けなんですが、、、。

そういえば、ひと昔前の”おたく”イメージって、”パソコンが得意な人”と同義でしたよね!?!?

現在はパソコンが普及しすぎて、PCが得意=ビジネスマン的な感じで、悪い印象はありませんが・・・。

秋葉原も以前は電気街(=PCおたくの聖地)だったのが、メイド文化流入(=二次元の聖地)にかわり、現在は電気街が復活するも爆買い(=中国人の聖地)になってしまっていますね。

遠藤諭さんはそんなおたく文化の草分けともいえ、また最先端を突っ走っている存在なのですが、そのほかになんと”カレーマニア”の異名もあるようです。

そして、最近ではドローンの専門家でもあり、日本に”マーフィーの法則”を紹介した人でもあります。

マーフィーの法則(引き寄せの法則)も、一時期はやりましたよね~!

現在でも実行しておられる方も多いですし、オタク文化を飛び越えて、若い女性などにも人気が高いので、すごいです。

管理人も、ちょっと興味ありますね^^;

ちなみに、、、耳栓マニアは遠藤諭さんの肩書としてはポピュラーなほうではないようですが。

次のページでは遠藤諭さんと耳栓についてご紹介します。

ページ: 1 2

男性その他