火曜サプライズに出演していたオーストラリア人の神主さんがなんだかいいキャラしている!ということでオーストラリア人の神主さんについていろいろと調べてみました!お名前はフローリアン・ウィルチコさんとおっしゃるようです!

フローリアン・ウィルチコさんが神主になった理由と経歴は?

フローリアン・ウィルチコさんはオーストラリアのリンツ出身で1987年生まれ、現在28歳です。

書類上のクリスチャンとして育ったそうですが、小さいころから日本文化に興味があったそうで、14歳の時に家族旅行で初来日されました。

(※ヨーロッパの方は生後すぐに教会で洗礼を受け、クリスチャンとなるのが慣わしです。宗派によっては生まれてからある一定の期間内に洗礼を受けなかった場合、その後洗礼を受けても天国には行けないとされている場合もあります。とっても話がそれますが、音楽の父であるセバスチャン・バッハはこのためにひどく思い悩んだ時期がありました。)

この旅行では神社に通いつめられたそうで、なんとお土産には神棚を買っていったそうですw

渋いですよね。自室に進んで神棚を置く中学生、日本にはほとんどいないんじゃないでしょうか?

ウィーン大学に入られた後、休学して来日、神道の勉強をされていたようですが、一度帰国しウィーン大学を卒業されている模様です。

その後また来日され、日本で初めての外国人神主になりました。

スポンサードリンク

フロリアン・ウィルチコさんが語る神道の魅力は?

日本で初めての外国人神主ということで、神職に就かれたときから何度かメディアの取材を受けておられます。

その中で

「神道には多神教ならではの寛容さがある」

「それに戒律がなく、善悪は自分で判断しなければならない。何かを禁止された宗教よりもレベルが高いと思う」

「キリスト教でいうGODは唯一の絶対的な存在ですが、神道では八百万(やおよろず)の神様。悪い神様もいればいい神様もいて、いい意味で曖昧なのです」

などと語られています。

よく他人と宗教の話をするな。喧嘩になるから、と言いますが、管理人宗教のことをしゃべらせたら5時間は語れる隠れ宗教オタクでもありますw

キリスト教でいうGODの意味とか、主従関係のこと、日本の神様の在り方とか、この方とほんと語りたいですw意見が合いそうです!

いや、今皆さん相手に語ってもいいんですが、、、

はい、うざいですね。ごめんなさい。語るのは今度にします(ぇ

次のページでは、フローリアン・ウィルチコさんがいらっしゃる神社などをご紹介しています!