デヴィ夫人に「あーた、酔っぱらってるのよね!?」と言われたホネボーンのエミリさんの記事です!2016年1月26日追加情報ありますよ~!

THEカラオケ★バトルに「謎のインディーズシンガー」で出場のEMILY(エミリ)さん、本当に歌がうまいですよね。今回はEMILYさんについていろいろと調べてみました!

HONEBONE(ホネボーン)とは?

HONEBONEはヴォーカルのEMILYさんとギターのShinsuke Kawaguchi(カワグチ シンスケ)さんによるJ-POPユニットです。

 

少々変わったユニット名だな、と思ったのですが、

当時うつむいて歩いていた二人の目に入った「ゴミ捨て場の骨」から命名

ということらしいです。

しかしいろいろと深読みできる名前ですよね。

例えば、音のホネボーンは、「骨born」と聞こえますが、骨から生まれた、というのは旧約聖書のアダムとイブのエピソードを思い起こしますよね。

 

また、honeをアルファベットではなく英語で考えると、磨く、という意味になります。腕を磨く、の時はこのhoneを使います。

骨を磨く、、、ゴミ捨て場に落ちていた骨でも磨くことで輝ける、という意味にとることもできますね。

管理人が小さいころ読んだ童話に「たったひとつのねがいごと」というお話があります。これは魚の骨を磨いて磨いて磨いて持っているとたった一つだけ願い事をかなえてくれる、というもの。

いやあ~何も考えてなさそうで、実は意外と考えられている名前、という臭いがしますね!!

ま、何も考えてない風で考えられている名前、と見せかけて実は本当に何も考えてない、ってパターンもありますけどねw

と、話がそれましたね^^;すみません。

 

HONEBONEのサウンドコンセプトは「音楽が一番元気だった、90年~00年代初頭のJ-POP/J-ROCK」「親に聴かせられる音楽」だそうです。

 

またライブでは綾小路きみまろさんを目標にあげ、「ギター漫談」と「顔面パフォーマンス」など気取らないパフォーマンスをされているようです。

以前カラオケバトルに出演された際は、あまりの言動に審査員のデヴィ夫人が「あ~た!酔っぱらってるのよね!?!?」と目を白黒させる姿も話題になりました。

現在2nd Album「SKELETON(スケルトン)」発売中だそう。

管理人的には8曲目の「するめいか」が気になります。

スポンサードリンク

EMILYさんのプロフィール

EMILYさんは1990年9月18日生まれの25歳です。日米のハーフで東京都出身だとか。

ご両親どちらがアメリカ人なのかは公表されていませんが、ツイッターなどをみるとお母さまがアメリカ人なのかな・・・?という感じです。(※確認とれました!お母さまがアメリカ人、お父様が日本人です)

 

HONEBONEでの音楽活動のほか、モデルもされているようです。体重やスリーサイズは非公開ですが、身長167cmと長身ですし、写真で見る限りとてもスタイルもいい方ですよね。

CWwgDLuUsAAvn12

白人的なクールでコケティッシュな雰囲気と日本的な柔らかさが混在するような独特の魅力がある方だと思います。

歌唱力はどうなの?※追加した記事です

正直、管理人、ちょっと舐めてました^^;

管理人自身もカラオケは大好きなのですが、カラオケバトルに出ている方々は基本的に”高得点”だけを狙っていて、いかに音程を正確に歌えるか、いかにワンフレーズにこぶしなどの技術をたくさん入れられるか、ということを気にしますよね?

その結果音楽の美しさや本来の表現、伝えたい事がないがしろにされていて、管理人は正直もやっとしていたのです。

で、カラオケバトルに出るってことはHONEBONEやエミリさんもそういうスタンスなんだろうな、売れればいいんだろうなって思ってたんです^^;

でも!エミリさんはカラオケバトルという舞台でありながら、しかも他人の曲なのに、しっかり自分のものにして、自分なりの表現をしようとされていました。

あれはもう、”カラオケ”ではなく”カバー”といっていいと思います。

ああ、本当のアーティストなんだな、カラオケ屋じゃないんだな、と思えました!結果は惜しくも予選敗退だったのですが、審査委員の方もその点を評価されていいた方がいました。

(TV的には番組のテイストと違うので結構カットが入っていましたが・・・。)

今回(2016年1月27日)の出演でも、きっとカラオケの枠にとどまらない素敵な演奏を聞かせてくれると思います!

次ページではEMILYさんやHONEBONEの画像や動画をたくさん紹介しています↓