関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦に出演のジャズピアニスト「ジョナサン カッツ」さんがかっこよかったので、いろいろと調べてみました!

 

ジョナサン・カッツさんの経歴は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Jonathan Katz(ジョナサン カッツ)さんはニューヨーク州ロングアイランド出身のジャズピアニストです。

音楽教師であったお父様の指導のもと6歳でピアノ、9歳でホルンを始められたとか。

ちなみに多くのピアニストはピアノを始めた年齢が3~6歳なので、6歳というのは決して早いほうではないですよ。管理人も6歳からピアノをはじめいまだに弾いているのですが、ピアニストにはなれませんでした…。

 

1987年、彼が大学生の時に、所属していたイェール大学コンサートバンドの演奏旅行で初来日し、日本に対して興味を持たれたようです。

翌1988年9月から上智大学比較文化部に留学され、1年間日本文化を学ばれました。

 

1989年9月にイーストマン音楽院に入学し、ビル・ドビンズ(p)に師事。

学生として学ぶ傍ら、ジャズ理論クラスの講師を務められていたそうです。

日本でも大学院の学生が学部の授業を持っていたりするので、そういった感じでしょうか?

また、ロチェスター大学ジャズアンサンブルの指揮者もされていたようです。

 

1991年5月に同大学院修士課程を卒業し、6月に再来日。その後は東京とニューヨークを拠点に精力的に活動されています。

 

また、日本語のものを英語に翻訳してアメリカに紹介する「翻訳家」という顔もあるようです。

 

1996年にCDデビューされ、99年には二枚目のCDをリリース。

2002年から名古屋フィルハーモニー交響楽団のポップスピアニストになり出演し録音にも参加されているとか。

2003年4~5月にはスペイン、フランス、ドイツ、イタリアの4か国ツアー、6月には北米ツアーをされるなど世界を飛び回っているといっても過言ではありません。

 

また、五木ひろしさんのCDやコンサートに参加されたり、東京フィルの企画「冬のソナタ・クラシックコンサート」にも出演されているとか。

 

日本在住の訳とは?

ジャズの本場、ニューヨーク州の出身ということで日本にこられたのには何か理由があるのかな、と思ったのですが、血縁がいるなどの理由はないようです。

初来日されて以来、再来日を目標に必死に日本語を勉強されたということで、それまでは日本にあまり興味も持たれていなかったのかもしれません。

しかし、留学も音楽大学の方が楽なような気がするのですが、上智大の比較文化部という事で本当に日本文化を好きになってくださったんだな、という感じですね。

一応拠点は東京とニューヨークということのようですが、日本にいらっしゃることのほうが多いようでした。

 

演奏動画が見たい!

ジョナサンカッツさんが出演されている動画を探してきました。

まずこちらはお茶目なインタビュー動画です。あ、日本語はペラペラです。

 

尺八とのデュオ

 

スタンダード・ナンバー「煙が目に染みる」