モヤモヤさま~ず2出演依頼人気上昇中の狩野恵里アナウンサー。さま~ずのお二人との掛け合いがなんとも言えない空気感で面白いですよね。狩野恵里アナが気になってちょっと調べたら衝撃画像がいろいろ出てきてしまったのでご紹介します。

 

狩野恵里アナの経歴・人物

狩野恵里(かのうえり)アナは1986年10月29日生まれの29歳、2009年からテレビ東京のアナウンサーとして活動されています。

 

国際基督教大学教養学部語学科卒業の才媛で、特技の一つに「言語を覚えること」をあげていらっしゃいます。

 

モヤさま初登場時に三村マサカズさんから「38歳の子持ち」と言われていらいいじられキャラが定着。「子供が一人いそう」「田舎手・田舎足」「雑」「拝シャン(おがしゃん)」などわりとな扱いをされていますが狩野恵里アナ自身は楽しそうにされているところがまた素敵ですよね。

 

天然な一面があり、さま~ずのお二人に突っ込まれる場面もたびたび見かけます。

 

号泣の理由は!?

そんな狩野恵里アナですが、モヤさまの中で号泣されています。

一体なにがあったのでしょうか・・・

 

実は彼女、大きな動物が大の苦手だとか。それなのにその回のロケ地は動物園。

しかも、他の園では考えられないというほど気軽に動物と触れ合えることがウリの「ノースサファリ サッポロ」だから大変。

 

このノースサファリサッポロは「すべて自己責任でお願いします。怪我や物損は保障できません」と謳っているデンジャラスな動物園なのです…。

 

案の定狩野恵里アナは入る前から「無理かもしれない、無理かもしれない!」と弱音を連発。

なんとか園の中に入ると3人に向かってカンガルーが“ピョンピョン”と向かってきて…。

大竹「はい、次は狩野。狩野、どこ行った? ……泣いてんじゃねえのか、狩野?」
狩野アナ「こわい~」
三村「なにが怖かったの。カンガルーの横断?」
狩野アナ「(うなづく)」
三村「なんでカンガルーで泣いてんだよ。平和だったじゃねえかよ(笑)」

と泣いてしまいます。さらにこれを皮切りに

狩野アナ「こわい~! あぁ~っ、あぁ~っ、コワイーっ!」
勇気を持って狩野アナがペリカンにえさを放るや、今までで一番のがっつきぶりを見せてしまうペリカンたち。
狩野アナ「あーーーーーっ! あはぁーーーっ! うーーーつ、うーーーーーっ! ああ、ああ、ああ!」
ここで、またしてもカンガルーが“ピョン、ピョン”と跳ねて向かってきた。
狩野アナ「ウソでしょ? うわぁーーーーーーーーーーーっ!(大号泣して逃走)」
「(扉にしがみつき)もう、ヤダ、ヤダ! 帰る、帰る!! イヤァ~!」

と大パニックを起こして号泣する事態になってしまったようです。

 

ふだんどちらかというと図太いかんじのキャラなだけに意外な感じでしたね。

 

すごすぎる混浴画像がこちら

じつは狩野恵里アナはモヤさまで初めてさま~ずのお二人と一緒に入浴したアナウンサーでもあります。

 

そのときの画像がこちらです!

 

 

 

hqdefault

 

4dfdf78bc764076d5462

 

 

・・・・・・はい。

ご期待に沿えず申し訳ありませんでした。

 

しかし、これは「衝撃画像」ですよね。

こんな男らしい混浴場面もなかなかないのではないかと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回いろいろ調べてみて狩野恵里アナの以外な一面を知ることができました。

今後も狩野恵里アナのハプニングから目が離せませんね!