俳優の高良健吾(こうらけんご)さんがビストロSMAPに登場です。そこまで頻繁にお名前を聞くわけではないのですが、ごくせんなど話題作にも多数出演されているイケメン俳優さんですよね。今回は高良健吾さんについていろいろ調べてみました!

高良健吾さんのプロフィール

高良健吾さんは1987年11月12日生まれの28歳です。出身は熊本県熊本市ですが、お父様が旅行会社にお勤めで、九州内での転勤を繰り返されていたそうです。

なので、熊本出身というよりは”九州出身”なのかもしれません。

転校を繰り返すことがあまり好きではなかったということで、そのせいで少しお父様に対して反抗されたり、ぐれかけたこともあったようです。

高良健吾さんのデビュー作はごくせんなので、この”ぐれかけた”体験も演技に生きていたのかも知れませんね。

ちなみに管理人、高良健吾さんはダルビッシュ有さんと上地雄輔さんを足して二で割ったような顔だなぁと思っているのですが、どうでしょうか?

高良健吾さんの出身高校や大学は?

高良健吾さんは熊本県の私立九州学院高等学校を卒業されています。

高校卒業と同時に芸能界入りされ、上京されたということで、大学は行っていないようです。

ちなみに九州学院高等学校の偏差値は特進で59、普通科でも56ありますので、自頭がいいタイプ、といえると思います。

高校自体はスポーツが盛んで、全国レベルの選手も多く抱える強豪校らしいのですが、高良健吾さんがなにか部活をやられていたという情報は今のところないようです。

※サッカー部でゴールキーパーをされていたという話がありますが、高校時代なのかどうかの確認が取れていません。

wikiには

高校生の時に、熊本のタウン情報誌『クマモト』にスカウトされ、素人スタッフ兼モデルの一員として編集部に出入りするようになる。当時から俳優業に興味があったため、それを知る同誌の副編集長から東京都の芸能事務所の社長を紹介され、高校卒業と共に芸能界に入る

とあったので、高校生のときからモデル活動をされていて、部活をする暇はなかったかもしれませんね。また、上京を見据えてアルバイトなどをされていた可能性もあります。

スポンサードリンク

出演作は?

高良健吾さんのドラマや映画への出演を調べてみました。

映画がメインの俳優さんのようで、出演作は40作以上でした!

話題作は

  • 犬神家の一族
  • 蛇にピアス
  • ソラニン
  • 武士の献立
  • 悼む人

などでしょうか。また悼む人など6作では主演も務められています。また蟹工船やノルウェイの森など文学作品を映画化したものにもよく出演されているようです。

ドラマではデビュー作のごくせんのほか、大河ドラマ 花燃ゆなど、こちらも話題作に多数出演されています。

あまり”演技派”というイメージはなかったのですが←失礼

受賞歴が多く

  • 第1回TAMA映画賞・最優秀新進男優賞
  • 第26回高崎映画祭最優秀主演男優賞
  • 第35回日本アカデミー賞新人俳優賞
  • 第36回エランドール賞新人賞・テレビガイド賞
  • 第36回日本アカデミー賞優秀助演男優賞

などなどかなり有名な賞を受賞されています。

※一部抜粋です。多すぎて書き切れなかったので実際はもっと多くの賞を受賞されています。

次のページでは高良健吾さんの趣味や熱愛・結婚について解説しています。