マスキングカラーの使用例は?

文章だけではいまいちわかりにくいと思いますので、実際にマスキングカラーを使用している画像をご用意しました!

images (11)

■窓ガラスにイラスト的にペイントする

花火の絵は夏らしくて素敵ですね~。季節ごとに違ったイラストにするとかわいいですね。

12751099_1663275423935893_784552735_n

■窓ガラスに飾り縁をつける

ちょっとアンティークっぽく、おしゃれなおうちにも似合いそうです。

10369516_234409413415357_1917820338_n

■ビニール傘にお絵かき

デザイン次第でかわいらしくも大人っぽくもなりそうです。

お子さんと一緒にも楽しめそう。

11380754_1602930333310129_254521305_n

■小物にペイントしてリメイク

ビンや陶器、プラスチックの容器などに描くことができます。コーヒー豆のデザインはシンプルに、バラの絵はちょっとレトロに、などちょっとした絵なのに雰囲気がガラッと変わりますね。

11355302_708205732644322_406149132_n

■家具や家電に

右端のようにシンプルな箪笥にかわいらしい絵柄を描くことで子供部屋にもピッタリのデザインになります。絵が年齢に合わなくなっても書き換えることができるので一つの家具を長く使えるようになり経済的ですね。

また、何てことはないダストボックスにシマウマの絵を描くことで一気に北欧風に。

スポンサードリンク

まとめ

いかがですか?

アイディア次第で本当にいろいろ楽しめそうですね!

写真はありませんがこの他にも、家電や車などに描くこともできます。

車であれば、季節毎のイラストを描いたり、好きなキャラクターなどを描いたりといった個人的な楽しみ方のほか、イベントやお店の広告などを書くこともできますね。

通常車にペイントする際は非常に大きな手間とお金がかかるものですが、マスキングカラーであれば原状復帰も簡単です。

また、冷蔵庫などのかわいくない生活家電もおしゃれにできそうです。

浴室で遊ぶこともできますし、スマホにお絵かきするのもありかもしれませんね。

クリアファイルに描きたいイラストを挟み、上からなぞるように書くと好きなイラストが簡単に書けます。

しっかり乾いてからはがして、好きな場所に貼ることができますので、絵心がない人にもおすすめですよ☆

それでは今回はこの辺で。