元AKB48の松井咲子さんが金曜プレミアムでピアノの腕を披露されていましたね。実は現役の音大生でもある松井咲子さん。ピアノの腕はどうなのでしょうか?いろいろ調べてみました!

松井咲子さんのプロフィール

松井咲子さんは1990年12月10日生まれの25才です。

埼玉県のご出身で埼玉県蕨市立中央東小学校、蕨市立第一中学校を経て東京音楽大学付属高等学校卒業、東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽先行ピアノ科に在学中です。

AKB時代に大学を休学されていたこともあり、25歳ですがまだ現役の学部生ですね。

そんな彼女のピアノの腕はどうなのか!?というのが気になりますね。

実は管理人も音楽大学卒業なのでwその観点からいろいろ見ていきたいと思いますね!

音大にもレベルがある!

一般の方のイメージでは音大に入ればみんなすごい、とか、音楽大学に入っている人はみんなピアノが弾ける、とかがあると思いますが、実は違います。

音楽大学の中でも専攻(自分の専門)というのはいろいろ分かれており、音大生=ピアノが弾ける、というわけではないんですね。

もちろんピアノは音楽にとってとても重要なので、ほとんどの学生が「副科」としてピアノを学びます。しかし、例えば管楽器の専門の子などは、中高で吹奏楽をやっていた経験から音楽大学を目指したためピアノの経験ゼロ、音大受験を考えてから初めてピアノを習いました、なんて子も珍しくありません。

さらに音大によっても「得意分野」というのがあり、例えば日本の音大の最高峰は東京芸大なので、東京芸大であればどの学部でもかなりレベルが高いといえますが、ほかの音大の場合、学部によっては意外とすごくない、ということもあります。

スポンサードリンク

松井咲子さんが在学している東京音大はどうなの?

さて、ここで気になるの松井咲子さんが在学中の東京音大だと思います。

東京音大は音大生の中では「東音(とうおん)」と呼ばれており、東京にある私立大学の一つです。

東音はどちらかというと器楽(楽器関係)とピアノに強い音大だといえると思います。逆に言うと声楽などはいまいち、、、ということですね。

もちろんいまいちとは言ってもすごい人はすごいですし、東京の私立で日本の中でもトップレベルの大学ですから、地方の小さい音大などとは比べようもありません。

ふつうの大学でいうと、

東京芸大→東大

東京音大→march、学部によっては早慶

という感じですかね。

東京音大は先に書いたように割合ピアノがうまい学校ですし、付属からの持ち上がりなので、松井咲子さんもピアノの腕はそこそことみることができます。

ただ、東京音大はピアノ科の中にさらに演奏家を目指すコースがあります。こちらのレベルは大変に高いのですが、人数制限などもあり狭き門でもあります。

松井咲子さんはこちらのコースには入っていないので、”東京音大の中でもトップレベル”というわけではありません。

東京音大のピアノ科卒、ということであれば、

”頑張ればプロを目指せるが、演奏家一本で食べていくにはちょっと厳しい可能性も。演奏活動と並行してピアノを教える仕事をしていくぶんには十分食べていける”

ぐらいのレベルです。

次のページでは実際に動画などをみながら松井咲子さんのピアノの腕を解説していきます。