ニュースZERO(ゼロ)に女子フェンシング選手の宮脇花輪さんが登場です。番組では桐谷美玲さんがフェンシング体験をするなどホンワカムードが素敵でしたね!今回は宮脇花輪さんやフェンシングについてまとめてみました!実績や彼氏情報も必見です!

宮脇花輪(みやわきかりん)さんのプロフィールと出身校

宮脇花輪さんは1997年2月4日生まれの18歳です。5歳年上の姉、真輪さんがフェンシングをやっていた影響で5歳の時からフェンシングを始められました。

ご兄弟は二人のようですが、真輪・花輪(まりん・かりん)とかわいらしいお名前ですよね。「りん」という音には「鈴・凜」という字を当てるのが今のはやりだとは思いますが、輪という字も素敵ですね。意味がしっかりしていて少々落ち着いたイメージのお名前になるようです。

こんなかわいらしいお名前ですが、フェンシングというかっこいい競技をされているなんてギャップ女子ですね!

さらに、、、花輪さんは東洋英和小・中から慶應義塾女子高等学校へ進学されています。東洋英和ももちろん私立なので頭が良いのですが、素晴らしいのがこの慶應義塾女子で、、、なんと!全国の高校の偏差値ランキングが第三位(同率)なのです!!

頭がいいなんて言葉では表せないほどの素晴らしい頭脳をお持ち、ということですね。ちなみにこの慶應義塾女子は偏差値は76~77です。。。

管理人には雲の上の数字過ぎて、よくわからないのですが・・^^;

文武両道という言葉もあるように、文(勉強)と武(スポーツ)は異なるもので、両立させるためには努力が必要だ、という考え方もありますが、実はスポーツをするのにはいろいろなことを考えて頭を使わなければいけないのだそうです。

トップの世界にいるスポーツ選手ほど頭が良い、ということもあるそうです。

(スポーツ選手には二種類いて、なんでも感覚でやってしまう天才型と、緻密に計算してそれを実行する頭脳型・秀才型に分かれるようです。)

宮脇花輪さんもこの頭脳をフェンシングに生かしているのかもしれません。

高校一年でフェンシングの太田雄貴選手に学んだときからオリンピックを目指し始めたそうで、その後は輝かしい成績を収められています。宮脇さんの成績はこの記事の後ろのほうで詳しく特集しています。

スポンサードリンク

フェンシングの簡単なルール

フェンシングというと、白ずくめの衣装で、ふにゃふにゃの剣・・・?のようなイメージしかなく、詳しいルールなどを知らなかったので、ちょっと調べてみました。

フェンシングにはフルーレ・サーブル・エペという三つの種目があるそうで、三つに共通のルールと種目ごとの個別のルールがあるようです。

すご~くざっくり説明しますと・・・。

■共通ルール

  • ピストっていう台の上でやろうね
  • 試合開始の時は4m距離をとってお互いに構えの姿勢をとってね
  • 15点先にとったほうが勝ちだよ
  • 同点になっちゃったら16点目先にとったほうが勝ちね
  • 種目によっては途中で1分の休憩を何度か挟むよ

■フルーレのルール

  • もともとは剣の練習からできた種目だよ
  • 細い剣をつかってね
  • 有効面は上半身の胴体だけだよ
  • 剣の先で突いたら有効。斬っても駄目だよ
  • 先に腕を伸ばして剣を相手に向けた人が「攻撃権」をもつよ。攻撃権を持っていない人は相手をついても有効にはならないよ。攻撃を凌いだら攻撃権が移るよ

■サーブルのルール

  • もともとは騎馬戦からできた種目だよ
  • 馬を傷つけちゃうから下半身はダメ。上半身ならどこでもいいよ
  • 剣はサーブル(サーベル)だから湾曲した剣だよ
  • 突くだけじゃなくて斬ってもいいよ

■エペ

  • もともと決闘からできた種目だよ
  • 全身どこでも有効だよ。でも突くだけね。
  • 決闘だから攻撃権はなし。いつ攻撃してもいいよ。
  • 剣はまっすぐでちょっと重いよ

という感じらしいです。(管理人のざっくり解説なので、間違っているところがあったらごめんなさい。教えていただければ直します)

宮脇花輪さんは”フルーレ”の選手だそうですよ。

次のページでは宮脇花輪さんの成績や実績・彼氏の有無などをご紹介します。