室屋義秀さんの人となりは?

前のページで室屋義秀さんについて、文武両道・学業と部活とバイトを両立した超人、と書きましたが、さらなる超人エピソードを発見しました。

時は30年前にさかのぼります・・・w

室屋義秀少年wは小学校5年生、サッカーに興味があります。

しかし、、、学校や身近なところにはサッカーチームがありません。

どうしよう・・・室屋義秀少年は考えました。

そのとき、運命の出会いが!!公園でサッカーをしている親子を発見したのです。

室屋義秀少年はその親子の元へいき、「僕サッカーがしたいんです!!サッカーチームの監督になってください!!!」と頼み込みました。

もちろんその場では断られてしまったのですが、粘り強く何回も頼んだ結果、最終的に引き受けてもらうことができ、サッカーチームを作ることができたんだそうです。

ここまででも十分すごいお話しなのですが、これには続きがあって、この時作ったチームは「清新FC」。現在はかなりの名門チームとして鳴らしているんだとか。

この行動力、そしてここまで頑張ったのにサッカー以外の道を選ぶという潔さが常人ではないですよねww

航空機ライセンスを取った時も全くツテなどがない状態で、100万だけを握りしめて単身アメリカへ渡ったそうで・・・。

それで無事に取って帰ってくるんだからすごいですよね。

もうなんか月並みな”すごい”って言葉しか出てきませんが・・・。

スポンサードリンク

室屋義秀さんの奥様は?

室屋義秀さんはご結婚されていて、お子様も3人いらっしゃいます。

そして、この奥様もすごいんです!!

奥様は成子(しげこ)さんとおっしゃるそうで、以前インタビューに対して、

「特にエアロバティックスをやっているから心配ではない。海外に沢山行くので治安や病気が心配、いい父親でありながら自分のやりたいこともやって、怪我をしないでいてくれたらいい。」

と答えられています。

飛行機、しかもアクロバティックな飛行や超スピードでのレースをするのは全く心配していないっておっしゃってるんです。

これは旦那様の腕や経験、判断を100%信頼していなければ言えないですよね。

奥様が心配されているのは海外の治安や病気。これは確立の問題で、だれにでも起こりうることですからね。

そして、、、

「いい父親でありながら」

これちょっとチクリとしてますよねwそして家族としての話。

「自分の好きなことをやって」

妻として夫を赦していますよね。

「ケガをしないで」

最後のこれが小さな奥様の希望。

 

いや~完璧だと思います。

ここまで器の大きい女性には管理人はなれないですね。

管理人だったら、”そんなしょっちゅう家を空けるなんて何考えてるの!?!?子供のことも考えてもう競技は引退してほしい。飛行機に乗りたいならふつうのパイロットって道だってあるんだし・・・。レースのたびに毎回心配するこっちの身にもなってよね!”とか言っちゃいそうですw

奥様が器の大きい女性だからこそ、室屋義秀さんは競技に打ち込むことができて、結果にもつながっているんだと思います。

それでは今回はこの辺で。