”Maiko ふたたびの白鳥”とは?

西野麻衣子さんのドキュメンタリー映画が2016年2月(もう今月ですね^^;)に公開されるようです。

なぜ、ふたたびの白鳥なのかといいますと、西野麻衣子さんは一時期お仕事を休まれてご出産されています。

通常、バレリーナは出産にともなって引退する方が多いと思います。ある意味アスリートなので・・・。

産後はもちろん子供の面倒もありますし、体型も変わり、体力も落ちてしまいますよね。バレエは1日踊らないと3日後退する、と言われるほどのシビアなもので、毎日の練習が欠かせません。

妊娠出産となるとどうしてもある程度の期間は休まなければいけないので、復帰への道は遠くなってしまいます。また、育児を考えると旦那様の協力も欠かせませんよね。

西野麻衣子さんはこれらの障害を乗り越えて、ノルウェーという日本から遠く離れた地にも関わらず、出産後にバレリーナとして復帰されています。

しかもただの復帰ではなく、プリマ(プリンシパル)としての復活です。

女優さんなどとは違って、筋力が実力の多くを占める世界なので、これはとても難しいことだと思います。

この偉業を達成されたということで、”ふたたび”と言われるんですね。

さらに、白鳥というのは復帰作になった白鳥の湖のことで、名前だけはご存知の方も多いと思います。

これはスタンダードナンバーでありながら、非常に難しいナンバーとしても知られています。

技術的には”片足を上げた状態で32回転”という高技術が求められ、演技も”白鳥・オデット姫”と”黒鳥・オディール”という一人二役を演じ分けなければいけません。

バレエは声を出すことができませんから、踊りのみで、この二人の性格を演じ分けるという、とても難しい役なんです。

これを復帰作にする、というのは、本当に素晴らしいことだと思います。

スポンサードリンク

西野麻衣子さんの動画

こちらが西野麻衣子さんの動画です。

バレリーナとしての夢と、一人の女性としての幸せを両立させている西野麻衣子さんは本当に尊敬できますね。

管理人もこの映画はチェックしていきたいと思います。

では今日はこの辺で。