個性派俳優として最近注目が集まっている野間口徹さんが、アウト×デラックスに出演です。どんな「アウト」を見ることができるのでしょうか?ここでは今までに番組などで明かされている「アウト」っぽいエピソードをご紹介します。

 

野間口徹さんのプロフィール

野間口徹さんは1973年10月11日生まれの42歳です。福岡県・北九州出身の俳優さんで、奥様は元女優さんだとか。

「名わき役」としても知られ、これまでに出演されたドラマだけでも100本を超える活躍をされています。

映画や舞台でも50作品以上に出演されていますので、実は「よく見る」俳優さんなんです。

 

奥様はかなりの美人さんらしく、舞台で共演された際に「一目ぼれ」に近い状態だったとか。当時奥様には他の恋人がいたそうですが、「別れたら僕のところにきて」とアプローチされたとか。

 

意外と情熱的でドキドキしてしまいますよね。

 

現在は奥様との間に3人のお子様もおり、公私ともに順風満帆な生活を送っていらっしゃいます。

 

ガンプラ好きらしい

以前からガンプラ(機動戦士ガンダムシリーズのプラモデルの略)好きを公言されており、かなりの数集めて奥様に叱責されているとか。

 

結構大人の男性でもガンプラ好きな方は多いですよね。

ガンプラ好きにもいろいろジャンルがあるそうで、

 

  • ただ集めて箱を眺めるタイプ(収集癖)
  • ノーマルに組み立てるタイプ
  • 着色やバックにもこだわって作りたいタイプ
  • 組み立てたガンプラを撮影したい「カメラ小僧複合型」

などなどいろいろあるそうですよ。

 

野間口徹さんはどのタイプなのでしょうか?

 

私の知り合いの男性でやはりガンプラ好きの方は「保存用と組み立てる用と予備用」で同じガンプラを3つは買うそうですから、奥様に叱責されてしまう野間口さんもそのタイプなのかもしれません。

 

包丁とまな板にうるさいらしい

そんな野間口徹さん、包丁とまな板にはうるさいらしいです。

それも、こだわりの包丁を使いたい、とかまな板は木じゃなきゃダメだ!とかいうことではなく、使い方へのこだわりなんだとか。

 

料理本などに書いてある包丁とまな板の使い方は「野菜を先に切って、肉はそのあとに切る」などが一般的ですよね。

 

しかし野間口徹さんは、「一回切るごとに包丁とまな板を洗わなければ気が済まない」んだとか。

 

かなり几帳面ですよね。

たとえばカレーを作る場合はふつうは

  1. 玉ねぎを切る
  2. ニンジンを切る
  3. ジャガイモを切る
  4. お肉を切る
  5. 包丁とまな板を洗う

という手順になると思うのですが、野間口さんのお宅では

  1. 玉ねぎを切る
  2. 包丁とまな板を洗う
  3. ニンジンを切る
  4. 包丁とまな板を洗う
  5. ジャガイモを切る
  6. 包丁をまな板を洗う
  7. お肉を切る
  8. 包丁とまな板を洗う

という手順でしなければいけないとか。

このエピソードで奥様と喧嘩されることもあるようですが、実際に作る身としてはこんなこまめに洗ってはいられないですよね。

 

まとめ

野間口徹さんにはなんとなくのんびり穏やかそうなイメージを持っていたのですが、意外に几帳面でこだわるタイプのようです。

血液型がAB型というのも納得な気がします。

 

かなり有名な作品にも「ちょい役」でたくさん出演されている俳優さんですので、映画やドラマを見る際には野間口徹さんが出ていないかチェックしたいと思います。