科学者の太田成男(おおたしげお)さんが世界一受けたい授業に出演されるとのこと。ミトコンドリアと水素の関係から”疲れ”に目を向けた講義をされるそうで、とても気になりますね!!

太田成男(おおたしげお)さん、気さくな感じですが実はとてもすごい人なので、そのすごさを今回はお伝えしたいと思います。

また、太田成男さんが実際におすすめしている商品や、逆に注意を促している商品もあり、(スポンサー的な問題でTVでは放映されないと思いますので)当サイトではそちらも併せてご紹介したいと思います。

太田成男さんの経歴は?

太田成男さんは1951年6月生まれで現在65歳です。福島県出身で、東京大学理学部を経て、東京大学大学院薬学系研究科博士課程を修了されています。

日本のミトコンドリア研究の第一人者で、ミトコンドリアに影響を与える物質としての水素に目を向けられ、水素の研究でも非常に有名です。

実は世界的にみて水素というのは、医学・薬学的には関係のない物質だと思われていたのですが(爆発するので、主にエネルギーとして研究されていた)、2007年に太田成男さんが発表された水素の研究論文を皮切りに、世界的に水素の医学分野での研究が進んでいます。

なので、日本レベルではなく世界レベルでかなりすごい人です。

”水素水”は眉唾もので疑似科学だ、とおっしゃる方がいます。

後述しますが、それはそれで間違いではないのですが、、、

眉唾ものの水素水が多いのは事実ですが、太田成男さんが眉唾なわけではないんです。

スポンサードリンク

そもそも水素水ってなに?眉唾なんじゃないの?

ちょっと専門的な話になってしまうかもしれないので、難しいな~と思われる方は飛ばして下さいね。次のページでは実際に科学的根拠のある製品や、眉唾ものの製品をご紹介しています。

そもそもなぜ水素が注目されているか、ということなのですが・・・。

生物は老化しますし、もちろん人間も老化します。

人間の老化、というのは実は細胞の老化現象であり、細胞の老化現象というのは細胞の中のミトコンドリアの老化なんだそうです。

そして老化の原因になるのが、”活性酸素”です。

活性酸素がミトコンドリアの中にあるDNAを傷つけることで、間違ったDNAができてしまうことを老化という、と思ってください。

太田成男さんはこのミトコンドリアから活性酸素を除去できる物質はないか、と探したところ水素にたどり着いた、ということなんです。(これは科学的に証明されています)

活性酸素を除去できる物質のことを”抗酸化物質”と呼びますが、数ある抗酸化物質の中で、ミトコンドリアに有効なのは現在のところ水素だけなんだそうです。(これも科学的に証明されています)

また、水素を取り入れる方法としては、吸ったりするより水素がとけている水(水素水)が有効なんだそうです(科学的に検証されている事実)←水素水出てきましたw

太田成男さんの研究は、水素を使ってDNAの劣化(ミトコンドリアの老化)を抑えよう、という研究です。この研究が進めば、脳出血などでダメージを受けた脳を、ダメージを受ける以前の状態まで回復させたりすることができるようになるそうです。(科学的に検証されている事実)

つまり・・・・美容とは全く関係ありません!

ではなぜ今美容分野で水素水が注目されているのでしょうか?

脳の中だけではなく、体中に細胞はあるし、その細胞にはミトコンドリアがあるから、当然水素は体中のミトコンドリアに効くだろう。

ミトコンドリアの老化を抑えることで、当然美容的な老化も抑えられるだろう、という推測に基づいているんだそうです。

ある程度研究はされていますが、”美容分野への有効性が科学的に証明されている”かどうかは微妙なところです。

アトピーなどでボロボロになった皮膚も細胞レベルで正常にすることできれいになるのではないか、と言われており、その分野では現在研究が進んでいるとのことです。

ではなぜ水素水=眉唾なのでしょうか。

水素水の効能自体は科学的に認められているのですが、

時間と共に水素が抜けてただの水になってしまう

という性質があり、市販されている商品の多くは店頭に並ぶ頃にはただの水になってしまっていることが原因だそうです。

次のページでは、太田成男さんが教える、”インチキ商品”と”ある程度信頼のおける商品”をご紹介します。