RHYMESTER(ライムスター)の宇多丸(うたまる)さんがタモリ倶楽部に出演です。本業のラッパーの他ライター、アイドル評論家、映画評論家、クラブDJ、ラジオDJとしても活動されている宇多丸さんのあれこれを調べてみました。

宇多丸さんのプロフィール・経歴

images (7)

宇多丸(うたまる)さんは1969年5月22日生まれの46歳です。東京都の文京区出身だそうです。都会ですね~。

 

ジャパニーズヒップホップの夜明けである1990年代前半から活躍するヒップホップグループ「RHYMESTRE」のMC、マイクロフォンNo.1・・・つまり、日本のヒップホップの草分け的な存在です。

 

中学時代にブラックミュージックや歌謡曲、アイドルソングなど様々なジャンルの音楽に触れる中でヒップホップに興味を持たれたそう。

大学時代にライムスターを立ち上げて以来、日本のヒップホップイベントにかかわってきたそうです。

 

また、現在は音楽活動の傍ら映画やアイドルの評論もされているそうで、数々の連載を持ち、書籍化もされているんだとか。

 

スキンヘッドが特徴的な宇多丸さんですが、実は

スキンヘッドにした理由について、若き頃に漫画『AKIRA』の鉄雄のようにツンツンに髪を立てていたが、そのためにいつも前髪部分にベッタリ整髪料を付けて髪を固めていたので、前頭部の毛穴が死んでハゲ上がってしまい、やむなくスキンヘッドに移行したというという。

というエピソードがあるそうです。

 

整髪料怖いですね。

私事ですが、管理人の父は中学から禿始めたという若禿で、母方の祖父も30代には既に禿げております。完全なる禿・サラブレッドなので、息子には謝っておきました。

 

宇多丸さんの本名と名前の由来は?

歌丸さんは本名「佐々木 士郎(ささき しろう)」さんとおっしゃるそうです。

また、芸名である「宇多丸」の由来は桂歌丸師匠と宇多田ヒカルさんに由来しているんだとか。

なんでも

理屈っぽい性格が『笑点』でいえば歌丸だという考えと、当時からスキンヘッドにしていたことに由来する。宇多という字は、当時宇多田ヒカルが流行っていたことから、そのまま借用した。

ということらしいです。

本家歌丸師匠と勘違いされないように、との配慮から現在の宇多丸表記にされたそうですが、そもそもこのゆる~い感じが「理屈っぽい」イメージからかけ離れているような?

 

意外に高学歴!大学は・・・

そんな宇多丸さんですが、以外に(←失礼)もとても高学歴だそうで、

出身大学は

早稲田大学法学部

なんだそうです。

 

しかも、高校時代

駿台全国模試の現国で2位になった

んだとか!!

 

すさまじいエリートですよね。

日本のヒップホップ界でもエリートですが・・・。

 

管理人の中で「賢い人は何をやっても成功する」という名言があるのですが、まさにそれを証明しているお方だと思います。

管理人も何かで成功したいものです…。賢くないから無理かな。。

 

まとめ

というわけでライムスター宇多丸さんについていろいろ調べてみました。

いかがでしたか?

管理人的には大学が一番の驚きでした。

これからは見方を変えていろいろウォッチしていきたいと思います。

 

あまりかっこいいイメージがなかったので(←失礼再び)かっこいい写真をチョイスしてみましたよ!