昨夜(2016年1月18日月曜日)のSMAP×SMAPでSMAPの5人が謝罪会見をし”SMAP存続”のニュースが流れましたが、違和感を覚えたかたも多かったのでは?と思うので管理人の見解を書いていきたいと思います。

前回の記事である、「キムタクだけが残留の訳」はこちらから見れます!

本当に解散はないのかどうか

実はこの会見では、これからの活動を見てください、という表現はあったものの、”SMAP”や”SMAPとして”という表現が全く使われておらず、本当に存続なのか?という疑惑があるようです。

結論から言うと、SMAPは存続です。

なぜなら、”メディアがそう報じているから”

どういうことか、というとSMAPの所属するジャニーズ事務所はメディアへの影響がかなり強い事務所として知られています。当然、多くのメディアはジャニーズの意思に反する報道をすることはできないのです。

この会見では、”存続する”という明確な表現がなかったにも関わらず、会見終了後から”存続決定”というニュースがバンバン流れましたよね?

ということは、事前にジャニーズ事務所から「この謝罪会見をもって存続させる」という情報があったと考えられます。

つまり、メンバーの考えはわかりませんが少なくともジャニーズ事務所としては、これからもSMAPをジャニーズとして活動させていくつもりだ、とみて間違いありません。

スポンサードリンク

SMAPのリーダーが中居さんから木村さんへ交替?

会見で一番違和感を醸し出していたのが、

リーダーであり、本来センターに立つはずの中居正広さんが、一番端っこに立ち、4番目にしゃべった、ということですよね。

通常であれば、立ち位置は真ん中であるはずですし、今回の事態をまとめたとされる木村さんが真ん中に立つとしても、端っこは違和感があります。

さらに、しゃべる順番も、当然リーダーとして一番初めにしゃべると思っていましたが。。

まだ、木村さんが先にしゃべるのは理解できるとしても、木村さんが一番にしゃべるのであれば、2番目か5番目(最後)にまとめとしてしゃべるのが自然な流れですよね。

4番、ということは何の肩書もない、グループ内での頭もトリも務められない人、という立ち位置です。

顔色も悪く、壮絶な表情も印象的でした。

これ、中居さんリーダーおろされたな、というのが管理人の正直な感想です。

とはいっても今すぐリーダー交代という発表をされると、あからさまなペナルティということでジャニーズ事務所への批判も高まりそうですから、いろいろなことが落ちついた後に、

  • 責任をとって中居自身が今回のまとめ役である木村拓哉にリーダー交代を頼んだ
  • リーダーという立場を撤廃して、全員が同じ立ち位置で新たなSMAPを作っていきたい(リーダーなし・実質リーダー木村拓哉)

のどっちかのシナリオで報道されるのではないでしょうか?

次のページでは木村拓哉さんの一人勝ちの詳しい内容や、中居さんの脱退疑惑を検証しています。