今年50周年を迎えるご長寿番組、笑点の現司会者、桂歌丸師匠が司会者引退を発表されました!

一時期休養するなど健康面でも不安があり今回の発表に至ったとか。当サイトでは後釜に収まる人を大予想しちゃいます!!

ズバリ!!三遊亭圓楽(円楽)師匠ではないでしょうか!?!?

・・・・というわけで今回は笑点の歴史や桂歌丸師匠の功績、三遊亭円楽師匠が司会になりそうな理由などを挙げていきたいと思います。

どんどん追記していきますのでお見逃しなく!

スポンサードリンク

桂歌丸師匠のプロフィール

桂歌丸師匠は1936年8月14日うまれで現在79歳です。

生家が妓楼だったため古典芸能は幼いころから身近にあったそうで、小学生のころから落語家になるという夢を持って、小学校でも落語を披露していたとか。中学校3年生の時に正式に入門、落語家の道を歩まれました。

21歳の時、お見合い話を断って幼馴染である奥様とご結婚、以前笑点で座布団10枚の商品として「美女とのクルージング」が当たった時には奥様とご一緒にクルーズされるなど愛妻家としても知られています。

もともと持病で肺があまり強くない他、近年では帯状疱疹や腸閉塞などで休養されることもありました。

笑点では第一回からの生え抜きメンバーということですが、健康面の不安もあるために「笑点、若い方々にお譲りしたい」とのコメントを発表されています。

ちなみに趣味は釣り、化石とライターのジッポーのコレクターでもあるそうです。

三遊亭円楽師匠のプロフィール・経歴

管理人が笑点新司会者では!?!?と考えるのは三遊亭円楽師匠です。

とりあえず、三遊亭円楽師匠もプロフィールなどを見ていきたいと思います。

現在三遊亭円楽を名乗っているのは「6代目円楽」で、笑点に出始めたころは「三遊亭楽太郎」を名乗っておられました。

1950年2月8日生まれでお年は66歳です。

管理人、子供のころおばあちゃんの家で笑点をみて、三平さんと楽太郎さんが好きだったのを思い出しましたよw

当時楽太郎さんと歌丸さんは同じぐらいのおじさんに見えたのですが、実際は歌丸師匠のほうが一回りも年上だったんですね。

、、、、笑点好きっていま思うと渋い小学生ですね^^;

 

三遊亭円楽師匠は実はかなりの高学歴としてもしられていて、なんと青山学院大学の法学部を卒業されています。

青学の法学部って言ったら結構な高学歴ですよね!?!?大学時代は落研に所属されていたということで、在学中に鞄持に志願、卒業後に入門されています。

次のページでは管理人が新司会者が円楽師匠だと思う理由などを書いていきたいと思います。